マタニティ検定


こんにちは。明日は新月ですね。
マザーズオフィス三雲です。
アロマテラピー検定の申込も始まりましたね。
検定1級は合格率が全国平均で90%!全国平均ですよ!?
1か月もあれば、ポイントをおさえて学習すれば、必ず報われます!
検定1級対策の無料セミナーやってますので、ぜひどうぞ。
www.aroma.gr.jp/aroma/kentei.html
さて、検定記念で、俺検定。
『今日もハードな仕事が終わり、疲れ果てて家に帰る。
ドアを開けて目に飛び込んできたのは、赤ちゃんを抱いて疲労困憊のパートナー。
夕食も満足に食べていない様子。』
さて、ここで問題です。
ふさわしい「声かけ」を選びなさい。
1『ごはんなんていいから、寝たら?』
2『外でごはん食べて来てあげようか?』
3『ご飯つくるよ』
4『今日、大変だった?子供の様子はどうだった?』
正解は!
。。。。あなた次第!
だって、育児に正解なんてないですから。
育児は生き方そのものなので。
だから、育児書なんて正反対な意見がたくさんある訳です。
まあ、そうは言っても、さっきの問題の統計調査はあります。
正解は3!。。。ではなく、4!。
調査数:1名。俺の妻。
うちの妻は、「聞いてなくてもいいから、うなずいてて!」
と一方的に話し続けるというパンクな妻です。
そういえば、僕の3年間の兼業主夫時代もよく
「今日、どうだった?大変だった?」と聞いてくれてました。
どんなに大変だったかを聞いてくれるだけで、ああ、ここには俺に同情・共感してくれる仲間がいるんだ~と、無意識に思ってましたわ。
ちなみに2を選ぶと、
昇~竜~拳~!!
と、ぶん殴られることうけ合いです。
それにしても、一番不幸なのは、情報に振り回されて、不安だけが蓄積されてしまうことだと、僕は思っています。
そこで大切なのは、「自分軸」じゃないかと思います。
自分はこれが腑に落ちる、我が家はこれが腑に落ちるという「自分軸」を、それぞれの家庭が、えんやこりゃと、作っていくしかないんじゃないかなあと、思います。
不幸なのは、世間の常識を守らなきゃと、自分軸ではなく他人軸に生き方を委ねて、思考や感覚を停止してしまうこと。
自分軸=自分の感覚的に『腑に落ちる』かどうか。
感覚に身を委ねましょう。
マタニティタッチスクールは、自然療法やタッチを通じて「体の野生」を取り戻す教育体系です。
野生とは、自分の感覚に従うことも一つです。
今や、トレーニングしないと、野生が取り戻せない世代です。
もし、マタニティタッチスクールの教育方針が、腑に落ちれば、ぜひ受講してみてください。
「自分軸」を作りたいあなたに。
9月にはマタニティタッチ祭りも開催です!
マタニティタッチ祭り
www.aroma.gr.jp/openday/index.html
マタニティタッチスクール(10月期生受付中!)受講生の声
www.aroma.gr.jp/maternity/message.html
■追伸
1を選ぶと、
『寝てくれたら世話ね~んだよ!』と、
「踵落とし」をくらうこと、うけあいです。
では。


Facebook

関連記事

Comment





Comment