手には仕事をさせない 手について


こんにちは。
アロマテラピーの学校の中安です。
今日は手のことを取りあげます。
僕は授業中、手の使い方についてこんなことを言っています。
「手にはなるべく仕事をさせないようにしよう」
これは
手が体から離れて、勝手に仕事を始めたり
手がトリートメントのイメージから離れて、勝手に動き出すと
あまり良いタッチにならないことが多いからです。
では、どうすれば良いのかというと
まずは、リラックスです。
手、指、手首をリラックス、そして肘から、肩。
全身がリラックスします。
楽しいことをイメージしてもいいし、
両手を温かいお湯のなかに浸してもいいです。
手はイメージや意図、動きの表現者、伝達者です。
だから、手そのものは何もしない、空っぽでいいと思います。
中身は空っぽでも、手は素晴らしい表現者、伝達者ですから
心のなかで、何かイメージを持つとそのように動きます。
たとえば「もっと柔らかく」と思えば
手は柔らかくなるし
「風のように触れたい」と思えば
風のようなタッチになります。
あとは
手を信頼するだけです
そして、もし何かがちがうと思ったら
そっと手を離し、リラックスして
もう一度同じことをします。
そうするとたいがい上手くいきます。
やってみましょう!
これはとても現実的な技術です。
そっくりそのまま使ってみてください。


Facebook

関連記事

Comment





Comment