長年積み重なった疲労。無理をすると逆効果。


昨日の加藤立子先生に続き、加藤美奈子先生からも、
リズミカルボディ(R)セラピストとしてメッセージをいただきました。
===============================================
リズミカルボディ(R)トリートメントは、
とても気持ちがよいものですし、
一度の施術で各部位のサイズダウンもみられるなど、
女性にとってうれしい効果もあるのですが、
一番の魅力はやはり、
『弾力を回復するセラピー』であるということだと感じます。

講師の立場から、レベル1,レベル2そしてアドバンスへと進む生徒さんをみていると、
目的としてうたっているとおり、
身体の弾力が徐々に回復してくる様子が如実に感じられます。

身体が変化すると、リズミカルボディの理論で学んだとおり、
それまで抱えていたさまざまな不調も、
本当に改善していくのを何度も目の当たりにしてきました。

リズミカルボディ(R)セラピストの認定制度は時間をかけて、
体験を通して学んでいくものですが、それにはやはり意味があるのだと感じます。

やはりある程度人生経験を積んでくると、
体に意識を向けている方以外は、
どうしても体に「偏った疲労」というか「こわばり」をお持ちの方も少なくありません。

長年積み重なった疲労というのは、なかなかすぐに改善されるものではありません。
すぐに改善させようと無理をしてしまうと、かえって逆効果が生まれます。
やはり時間が必要なのですね。

リズミカルボディの学びの中で、時間をかけてトリートメントを行い、
「施術を受ける」という体験と、生活を見直していくことを続けていく中で、
それぞれの生徒さんがご自身であったり、クラスメイトの変化を体感することで、
その経験を伝え、実践していくのが、
リズミカルボディ(R)セラピストの役割なのではないかと感じます。

本当に時間をかけて、手をかけていくことで、
身体は変化するものなのですよね。
私たちは自然の一部であり、すべてはリズムなのだということも感じます。

リズミカルボディは健康というあるべき状態で、
生き生きと自分を生きる智慧なのではないかと思います。

一生使えますので、ぜひすべての女性に知っていただきたいと思います。
===============================================

リズミカルボディで変わるカラダ。
単にトリートメントをするのではなく、それは一つのツール。

自然のリズムをモノサシにして、
自然の一部として、営みを続けるメソッドとも言えます。
だから一生使えます。

受講生の声はこちらでもご紹介しています。
女性であることに誇りを持てるメソッドでもあるようです。

 

加藤美奈子先生は南青山で個人サロン
Salon de Ermitage/エルミタージュ』を主宰されています。

 

 


Facebook

関連記事

Comment





Comment