『マタニティタッチ実習クラスってどんなクラスなんですか?」


こんにちは、マザーズオフィスの大山です。今横浜校ではマタニティタッチとリートメントクラスを行っています。毎週中安先生が横浜に通って、妊婦さんのトリートメントの実技を担当しています。

 

そして今日はよく質問を受ける、もう一つのクラス「マタニティタッチ実習クラス」はどんな特徴があるの?

ということについてお話しします。

 

このクラスは同じ授業時間内に、学科(といっても椅子にすわることもあれば、床に自由に寝転んだりしていることもあります)と実技両方が含まれています。

お産に向けたからだづくりの提案を、妊婦さんや、ご家族の方にお話しするという視点で学科の部分の授業がすすめられ、知識というよりは、実践を学ぶ時間になります。

たとえば「妊婦さんには、散歩」をおすすめしていますが、「なぜいいのか」
を「どのように伝えるか」という実践の部分を皆さんで考えていきます。

それは、会話の中であったり、きちんとお話することであったり、ボディワークを通じてであったりします。

 

そしてもう半分は実技の時間です。床の上で洋服を着たまま妊婦さんに行うものなのですが、このクラスの立ち上げに関わって、初めて内容をみたとき、「あ、これは松が丘治療室でやっていることにそっくり!」と思いました。

宮川先生、中安先生、佐藤先生がずっと行っている床で行う治療のスタイルに、とてもよく似ています。

タッチングは、身体全体がほどけていく感じで、リラックスしてしまうのですが、同時に自分の身体に気づきがあることも多いです。

また、クッションをたくさん使った側臥位(横向き)でのテクニックを学べるのも特徴です。

 

帰り際

「あ〜気持ちよかった〜。…いったいわたしは今日ここに何しに来たんだろう〜〜?」

 

という生徒さん多数…。

いい感じで、ボケ…………、妊婦さんになりきっているので!しっかり授業を受けた証拠です。

ほんとに妊娠する方も多数!

本当なんです!そうですよね!

妊娠前から妊婦さんになっていただくのにおすすめのクラスでもあります…。

 

そしてこのクラスでは「精油を使う実習がない」ので、アロマが苦手な方にも受講していただけます。卒業生の中にはもともとアロマテラピーを行う施術の予定はないけれど、妊産婦さんの体づくりに関わりたいという方や医療現場で妊産婦さんに触れている方もたくさんいらっしゃいます。

そんな、マザーズオフィスの原型とも言える「マタニティタッチ実習クラス」

が6/26(火)からスタートします。

ボディワークはじめての方にもおすすめです!また、学科クラスやトリートメントクラス未受講の方でも参加可能ですので、
実践を先に学びたい人はぜひご検討ください!
www.aroma.gr.jp/maternitytouch/touch/index.html


Facebook

関連記事

Comment





Comment