育児もリズミカルに♪


こんにちは。事務局のみすです。
この夏の暑さはひときわ厳しかったですね。
9月に入った途端、まとまった雨が降って、
人も植物も、ようやく一息ついた感じです。

本日は広報より、雑誌掲載と新刊書発売のお知らせです。

創刊なんと1959年!日本を代表する育児雑誌、
小学館「めばえ」10月号
リズミカルボディセラピーを取り上げていただきました。

月経周期を味方につけていつも輝くママのための
マザームーンカレンダー

今回の特集記事が掲載されているのはお母さん向けの別冊「and」。
育児をされているお母さんにターゲットを絞った「リズミカル育児」のご提案です。

私も取材に同席させていただいたのですが、
宮川先生は治療家としてだけではなく
母親として、シュタイナー学園の元教員としての豊富な体験を、惜しみなく披露。

たとえば、からだもこころも重いリセット期(月経期)に限って
子供がべたべたとまとわりついて、鬱陶しい!
どうしたらいいんでしょう?という問いにはこんなふうに即答。

「突き放しちゃうから、かまってもらいたがってべたべたしてくるの。
こちらから先にぎゅーっと抱きしめてしまえばいい。
スキンシップすれば子供は安心して必要以上にまとわりつかない。
お母さん今日はしんどいから手伝って、と言って頼ることも大切。
子供は頼られることで、自己肯定感が生まれ、人助けできる子になる。
頼めるということは、相手の人格を認めるということよ。」

リズミカル受講生の皆様にはおなじみ、月経周期にあわせた過ごし方に
具体的な育児のアドバイスも随所に盛り込んで、
とっても読み応えのある記事にまとめていただきました。

月経周期がこころとからだに与える影響に気づいたら、
自分を必要以上に責めたり、周りにあたらなくなり、
知らず知らずに肩の力が抜けて、
お子さんやご主人に上手に甘えられる「美ママ」になっていた・・
なーんて素敵ですよね!
この記事が、自然育児や自然療法には関心がない(縁がなかった)
たくさんのお母さんたちの目に留まったらうれしいです。

さて、以前にちらりとお伝えしておりましたが、
宮川先生監修の書籍の発売日が今月13日に決まりました!

マイナビ出版「ナチュラルスキンケアの教科書」
アマゾンで予約受付開始です。

秋風が吹いて、夏のダメージを肌に感じ始めたあなた。
フェイシャルスキンケアにも自然療法の発想をとりいれてみませんか?

内容については近日中に改めてお知らせしますね。
秋の気配におセンチになっている暇はないのです。
こうご期待!


Facebook

関連記事

Comment





Comment