ひまし油ラテ(ホット)


 

こんにちは。マザーズオフィス三雲です。

突然ですが、

『人間のリズムは自然のリズムと相似形を描いている』

という人間観、自然観があります。

 

例えば妊娠中。

マタニティタッチでもお話しすることもあると思いますが、

胎児は、数億年の生命の進化の歴史を相似形を描いてたどります。

 

三木成夫先生がおっしゃるように、

魚類→両生類→は虫類→動物→そして産まれた瞬間、呼吸をして人間となってこの世に出てきます。

胎児にとって1日は気の遠くなるような日数に該当します。

 

例えば占星学

土星は太陽のまわりをゆっくり回ります。月は、地球のまわりを早く回ります。

私達の土星的な意識はゆっくりと、月的な意識はくるくると変化します。

 

例えば細胞。

中安先生がおっしゃるように

私たちを構成する一番小さい単位は細胞は、細胞膜という「膜」に包まれています。

人間全体をみてみると、皮膚という「膜」に包まれています。

さらに言うと、地球の地表も「膜」と言えそうです。

 

例えば、アロマテラピーでは、精油の抽出部位と身体への作用。

バラなど、花にとっての生殖器である花の精油は、私達の生殖器に働きかけると考えることができます。

 

例えば眠りと骨盤

朝日とともに骨盤が締まり、夜暗くなるとともに、骨盤がゆるみ、眠くなります。

 

例えば、月経リズム。

リズミカルボディでは月のリズムとの相似形をお話していますが、妊娠と出産の相似形も描きます。

卵胞期は妊娠前、黄体期は妊娠中、月経期は出産です。

黄体期にむくむのは、妊娠期と同じように、

身体の内側のものを守る、出さないようにすると考えることができます。

 

これらはもちろん非科学的です。

『物語』 と言っても良いかもしれません。

 

でも、私達の活動と、自然のリズムがスムーズに相似形を描いているとき、

私達は健康で、心地よく、自分が自分と一致していると『感じる』のは確かです。

 

病気とは診断されないけど、辛い。

身体には出てこないけど、痛い。

こういった『感じ方』を尊重して受け止めることこそが、私達自然療法家の役割 ではないでしょうか。

感じたことを「受け止める存在」そんな存在がいても良いと思います。

もし、少し無理してしまって身体に滞りができてしまったとき、それを無理に直そうとする必要はありません。

 

渓流の川の流れの滞りとなっている葉や枝をどかしてあげるように、そっと、身体の滞りにアプローチすれば良いのです。
強引に変えるのではなく、元の川の流れを促してあげるように。

 

ところで、先日、子どもが産まれました。

出産は何と相似形を描いているのでしょうか?

 

妻『あー。でっかいウ○コ出たって感じ?♡』

 

。。。。。。。。出産は「ウン○」と相似形を描いているそうです。

 

そういえば、陣痛が来ない妻は、

『ひまし油ラテ(ホット)』を飲み、出産にのぞみました。

はい。ひまし油は下剤です。

 

その『ひまし油ラテ(ホット)』を飲んで散歩に行って1時間後。

 

『いやーあぶなかったー。そこの坂でキてさー。

危うく道ばたで漏らしてる妊婦になりそうだったよー♡』

 

。。。う、宇宙との、相似形がさ。。。。

 


Facebook

関連記事

Comment





Comment