浸出油の魅力・・雑誌掲載のお知らせ


こんにちは。事務局のみすです。

雨がほとんど降らないうちに梅雨もあけ、いよいよ夏本番ですね。

 

本日は広報より雑誌掲載のお知らせ第1弾です。

おなじみ「セラピスト」誌の8月号から。。

 

トリートメントにも、怪我や体調不調のレスキューにも!

植物の薬効と太陽の力を蓄えた、「インフューズドオイル」のお話

 

5ページにわたる特集で、講師の安達先生が浸出油の魅力を語っています!

 

エディターさんとライターさんに

まずは安達先生のあふれる植物油愛♡を浴びていただこうと、

取材の前に「ベースオイル塾」の講義に参加していただきました。

 

「ベースオイル塾」は2時間がかりで一つのオイルだけを取り上げるという

他にはないマニアックなクラス。全国から受講生の方が集まります。

私も今回一緒に受講させていただいたのですが、

特別なものではなく、そこらへんに身近に生えている草花が、

特別な宗教儀式にも、日々の衣食住にも幅広く利用されてきたこと、

長い歴史の中で生き残った知恵を、

私たちは自然療法というかたちで受け継いでいるということに気づかされました。

この奥の深さに、ひきつけられるんですよね。

 

そんなわけで、この特集では、効能効果だけでなく、

浸出油の色の美しさや、それを手に取った時のわくわくする感じ、

塗布したあたたかみ、身体がゆるむ感覚をお伝えしたい!という

安達先生と当校の思いをすくいあげていただいて、

クライドルフの絵本を思わせる、すてきな誌面になりました。

安達先生の、宮川先生との出会いのエピソードや、

両先生ともにご縁のあるナチュラルアイランドさん提供の

北海道のセントジョーンズワート畑の写真も必見です!

 

ぜひこの特集を参考に、施術に、セルフケアに、手づくり化粧品に、

浸出油をどんどん使って、それぞれの個性を味わってみてくださいね。

 

ちなみに次回のベースオイル塾は10月に開講されます。

実習もして、植物油のお土産もついて、お得感たっぷり。

人気のクラスですからお申込みはお早めに!

 

あんまり暑くて、オイルはちょっと・・と敬遠されがちですが、

夏のからだは冷房や冷たい飲み物で冷えていますよね。

ジェルベースとまぜて使うなど、みなさんのアイデアもぜひ教えてください!

 


Facebook

関連記事

Comment





Comment