「妊婦さんは忙しい!」


こんばんは、今日も一日があっというまに終わりました。

家族で、時間の流れについて話したことがあります。

 

年の順番に、時間の流れが速く感じる→遅く感じる ということでした。

 

わたしも小学生の頃は時間が経つのが遅かった。

時間の流れより、自分の成長の方が早かったからでしょうか。

 

今はあっというまに一日が過ぎてしまいます。

 

こんな風に、子ども、大人、人によって、時間の流れがちがうのでしょう。

そして妊婦さんにも特有の時間の流れがあるように思います。

 

さて、普段わたしたちは妊婦さんに、目を使わない生活(本、テレビ、パソコンも含め)をおすすめしています。

 

すると妊婦さんは

 

「では、なにをしたら良いでしょうか?」

「ラジオを聞くのはどうですか?」

「新聞、雑誌もダメですか?」

 

と質問されます。

 

わたしも妊婦のときそう思いました。することがない…と。

 

でも、ご心配には及びません。

妊婦さんは忙しいです。

特に妊娠後期に入った妊婦さんは、朝起きて、散歩して、ご飯を作って(3回)、食べて(3回)、片付けて(3回)、寝る…これだけで精一杯。本人は忙しく動いているつもりでも、やったことはたったこれだけ…。と愕然とします。

ゆっくりお茶を飲みながら、本を読む時間なんて作れません。

産後にいたっては、おっぱいあげて、ご飯を食べて、寝る。この3大行事で精一杯です。歯も磨くヒマもありませんでした!という産後のママの声もよく聞きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように、妊産婦さん自体はとっても忙しく動いているんだけれど、回りから見たら、とってもゆっくりしているように見えます。

身体のほうはどうかというと、何十億年もの進化をとげている赤ちゃんをお腹の中で育てて、産後は一度解体された身体を再構築しています。とても忙しいのです。

だからそのほかの事に身体や頭を使っている余裕はないのです。

だから財布を家に忘れるのです!

 

「今日はあれとこれとこれをしよう、と思っていたのになんにもできなかったー!」と落ち込む妊婦さん。

「もっと社会に目を向けなければいけないとは思うけど、今はなにも考えられない。仕事もミスが多くなってきてどうしよう。」と悩む妊婦さん。

素晴らしい!出産に向けた身体の準備は順調に進んでいます。

なんだか物忘れまで激しくなってきた妊婦さんには、最優秀妊婦賞を差し上げます。(この話を妊婦さんの旦那さんが聞くと、あなたはもう立派な妊婦さんだとおっしゃいますが、、レベルがちがいます。)

 

そしてもし、まわりにそんな妊婦さんがいたら、

「妊娠しているんだから、仕方ないよ〜」

と慰めるのではなくて、

 

「その方がいいんだよ!素晴らしいよ!いいお母さんだね!」

と、どうぞ賞賛してあげてくださいね。

本当のことですから。

そしてその方が産後の回復も早いんだ、という事も付け加えておきましょう。(大山)


Facebook

関連記事

Comment





Comment