アロマテラピーの学校 アロマセラピスト実技クラス 講師の授業レポート


 

第2教室庭IMG_2928

アロマテラピーの学校の中安です。Facebookにアップしていたアロマセラピスト実技クラスの様子をまとめてみました。

 

◎第1回目 ガイダンス

今日からアロマセラピスト実技クラスがスタートします。始まりはソフトな手で、好奇心をもって触れることです。好奇心を持つところからテクニックが生まれます…でも、今日はそのことは置いておいて、ただ体に触れることを楽しみました。

 

 

◎第2回目 基礎練習の始まり 背中

前回は好奇心をもって身体に触れることを体験しました。これは前回に限ることではなく、これからトリートメントをするときに役立つアプローチです。好奇心を持つことで手はとても繊細になります。

 

今日のテーマは背中のエフルラージュです。背中全体に行う大きなエフルラージュです。アロマテラピーの学校ではステップを使います。ステップ(足を使って移動すること)を使うことで、身体の重さを使ったエフルラージュが楽にできます。手や腕の力ではないので、アロマセラピストの身体に負担をかけません。背中のカーブを感じながら気持ちよくエフルラージュしましょう。

 

 

◎第3回目 背中と腰

今回のパートはうつ伏せの背中と腰です。だんだんとテクニック数も増えますが、基礎練習の最大の目的は〝体に触れることに慣れること〟です。テクニックというよりも触れ方のいろいろな可能性を探索していると思ってください。

 

同じ身体でも、頭、背中、腰、手足など身体の部分によって触れ方は変わります。それぞれリラックスして触れることが大切です。コツは自分の手と体に意識を向けることです。今、自分に何が起きているかに気づくことができれば、フッと力を抜くなど、次につながります。そうすると上手になります。

 

 

◎第4回目 下肢

今回はうつ伏せの下肢の練習です。アロマテラピーの学校の下肢のエフルラージュはステップを使います。授業中に今回のクラスにアシスタントとして参加している卒業生の方が「ステップを使うと上半身が自由になるのですね」とシェアしてくれました。

 

まさにその通りです!ステップを使うと上半身が自由になります。上半身が自由になると、タッチがソフトになります。エフルラージュが安定します。そしてステップを踏んで新しい場所に行くと新しい可能性が生まれます。

 

つまり新しい場所で新しいテクニックを使うことができます。トリートメントの可能性が増えます。こんな感じでアロマセラピスト実技クラス進んでいます。

 

 

◎第5回目 うつ伏せの総復習

今日は基礎練習のうつ伏せの総復習です。始める前にサークルをつくって簡単なミーティングをしました。基礎練習の最大の目標は〝人の体に触れることに慣れること〟です。

 

〝慣れる〟ことを別に表現するならば、触れているときに〝自分らしくある〟ということです。トリートメントというとどうしても力が入ってしまう人もいます。何とかしてあげたいとか、楽にしてあげたいとか…です。

 

確かにそれは分かりますが、アロマセラピストが我を忘れてしまっては元も子もありません。自分らしくあること、まず自分がリラックスして、トリートメントを楽しんでいること、そうなるとアロマセラピストは自分の実力を十分に出すことができます。

 

繰り返しになりますが基礎練習の目的は〝人の体に触れることに慣れること〟です。背中や腰、足に触れながら、リラックスすること、自分をリセットすること、自分のペースで受け手と出会うことを学びます。

 

 

◎第7回目(1回飛びました) 腹部と上肢

実は先週はぼくの代わりに戸張先生の仰向けの下肢の授業でした。戸張先生のほんわか、ソフトなタッチいかがでしたでしょうか。という訳でレポートは1回飛びます。

 

今日のテーマは仰向けの腹部と上肢です。うつ伏せは比較的に大きな筋肉が表層を覆っているため、ストロークが中心でしたが、仰向けはちょっとちがいます。仰向けには手足が自由に動くことによって空間が生まれることや、胸部と腹部の構造にちがいがあること、頭部と頚部が自由に動くことなどの特徴があります。

 

背中のときにも手をソフトに使うことを提案しましたが、腹部になるとそれがより明白になってきます。おなかへのタッチはおなかを深く感じることです。おなかとは戦いません。ちょっと指を反らしただけで感覚が変わります。手がおなかを受け入れると、おなかも手を受け入れてくれます。トリートメントは楽しいです。

 

 

◎第8回目 胸と首

今回は基礎練習最後のパートになる胸と首です。肋骨の柔らかさや胸が楽に広がる感覚を体験してから、オイルを使った実技に入りました。

 

胸や首は比較的に小さな筋肉、骨格が多いパートなので、ちょっと気を使うことも多いかと思いますが、気になることは言葉に出して、受け手とコミュニケーションすることも大切です。今日で標準テクニックの紹介はほぼ終了です。

 

 

◎第9回目 仰向けの総復習

今日は仰向けのプログラムの総復習です。みんなへのアドバイスは背骨を自然に伸ばすことです。特に技術を行うときに、前傾することで距離をつくらないことです。遠いと思ったらステップを使ってそこに近づくことです。

 

肘をやわらかく伸ばすことで、身体の重さが楽に相手に伝わります。身体が楽だと手はソフトになり、相手の身体と深くつながることができます。今回で基礎練習のプログラムが終了です。次回からは応用練習に入ります。

 

アロマセラピスト実技クラス 実技デモセッションの日程

アロマセラピストクラス 中野校 横浜校の日程

 

 

 


Facebook

関連記事

Comment





Comment