トリートメントに活かす経絡


経絡を知りトリートメントに活かす

いつもお世話になっております。マザーズオフィスの戸張です。

先日、トリートメントに活かす経絡クラスが無事終了しました。たくさんの方のご参加ありがとうございました。

IMG_8362

このクラスは、和道の生徒さんから「経絡」をもっと学びたいというお声から企画されました。「経絡」の考えは、和道はもちろん、リズミカルボディセラピーの手技の中でも取り入れ、宮川先生のトリートメントメソッドにはかかせません。

経絡は、漢方特有の考えで人体の生命活動を維持する「気」の通り道と言われています。14本の経絡が体に存在し、内臓にも影響しながら全身を巡っています。

 

「手の太陰肺経」と心配性

 

下の図は、「手の太陰肺経」です。前胸部から手の拇指を通る経絡です。名前の通り、肺に関係します。宮川先生も少し前に咳が止まらなかった時、ここの経絡上にある尺沢(しゃくたく)のツボが痛かったそうです。呼吸との繋がりもあるので、肺経の巡りが弱まると、呼吸が浅くなり言いたいことも言えず、気弱で心配性になり、鬱々としてきてしまうそうです。逆に現代人は、スマホやゲームで腕の使い過ぎから鬱々してくることも多いと思います。日頃施術を行っていて、腕や手、前胸部をトリートメントをすると、多くの方が呼吸を深めてお休みなります。経絡の存在を知るとよりその部位のトリートメントの大切さ、必要性を再確認出来ました。

 

肺経

目に見えない経絡を感じる

下の写真のように肺経上にあるツボに丸いシールを貼ったり、ペアになってお互い経絡の流れに沿ってテープを貼りあったりしながら、目に見えない経絡を体感していきました。不思議なのはテープを貼っただけでも、体が楽になったり、ゆるんだり。おもしろい体験です。

IMG_8366

後半は、経絡上をオイルトリートメントを行っていきました。次回続きをレポートします!

 

トリートメントに活かす経絡 夏の集中クラス開催

8月期集中 全3回 8/29(月)、30(火)、31(水) 10:00-16:00(スタジオ)

和道【施術編】

7月期(前期)7/20、27、8/3、17、24 (後期)9/5、9/6、9/8、9/9、9/10 10:00-16:00 (第2教室)

リズミカルボディセラピー レベル1 総論&セルフケア

7月期月曜 全3回 7/25、8/8、8/22(月) 10:00-16:00(第2教室)

リズミカルボディセラピー レベル2

9月期月曜 全10回 9/12-11/28(9/19、10/10を除く)(月) 10:00-16:00(第2教室)

 


Facebook
2016-06-27 | Posted in 宮川明子の『和道』Comments Closed 

関連記事