アロマブレンドデザイナークラス 説明会


 

AEAJ認定の資格制度
アロマブレンドデザイナークラス

ガルバナムの花

◎ガルバナムの花

2016年10月期クラスの説明会が開催されます。

説明会を担当するのは、アロマブレンドデザイナー講師の手島先生、小山先生です。受講生代表で中安も参加いたします。実際の授業の様子やアロマブレンドデザイナーとしての学びのプロセス、資格制度などをみなさんにお伝えいたします。

2016年 秋の説明会日程

  • 9/26(月) 10:30-12:00 第1教室
  • 10/3(月) 10:30-12:00 第1教室

くわしい情報&申込はこちらから

 

◎トンカビーンズの種子

トンカビーンズ

 

 

アロマブレンドデザイナー 8月期クラスの様子

8月期クラスがほぼ半分を終了しました。ここまでの学びの体験をみなさんにシェアします。最初に精油、香料の歴史、香料の分類、ブレンディングなどを学びます。

 

◎歴史的な香水の香りもチェックします。

歴史的な香水の香りをチェック

 

クラス前半の学びの中心は香りのパレットづくりです。これは自分のなかに香りのデータベースをつくる作業です。たくさんの精油の香りを体験して、それぞれの香りの体験を書き留め、自分のなかに香りの記憶として溜め込みます。

インストラクタークラスで、香りのイメージワークを行っていたので、作業としては慣れていたつもりでしたが、実は学びのプロセスがすこし違いました。

アロマブレンドデザイナークラスでは、本当にたくさんの精油の香りを体験するので、最初のうちは、もっとひとつひとつを掘り下げたいなと思っていましたが、クラスが進行するに従って「これはジグゾーパズルだな」と思い始めました。

 

◎みんなが感じた香りの体験をシェア

アロマブレンドデザイナー

 

異なるたくさんの香りを体験することで、それぞれの香りの微妙なちがいに気づきます。たくさんの香りを体験するほど、違い(香りの特徴)に気づくためのヒントを受け取るのです。そうすることであるひとつの香りの特徴をいままで以上に受け取ることができます。

馴染みのある香りから、初めて出会う香りまで、さまざまな香りの体験を重ねるにつれて、徐々にそれぞれの香りの輪郭が浮かび上がってきます。これは面白いです。

最初にジクゾーパズルと表現したのは、いくつかのピースが集まってくることによって、目的の部分の形が浮き上がってくるという意味でイメージしました。

授業はこれから後半に入ります。テキストによるとこれからは歴史的な香水をモデルにして精油の組み合わせを探りつつ、ブレンドの可能性を学ぶとのことです。とても楽しみです。

まずは説明会にご参加ください。とてもよい刺激になると思います。

マザーズオフィス アロマテラピーの学校 中安

 

アロマブレンドデザイナー机の上

 

 


Facebook
2016-09-08 | Posted in アロマブレンドデザイナーComments Closed 

関連記事