もっとわかりやすく、そして役立つ精油の化学


「精油の化学」を面白い!と実感していただくことを目指します

 

来週11/18(金)から久しぶりに久保田先生のもっとわかりやすく、そして役立つ精油の化学が開講になります。「なぜこの精油が良いの?」にふわっと回答していませんか?このクラスでは、インストラクター範囲を復習し、「化学に対する苦手意識から脱却し、 実は面白い精油の化学を実感していただくことを目指します。ショップやサロンはもちろん、インストラクターとして説明できるレベルまで化学を理解しましょう。もちろん、インストラクター試験対策にもお勧めです。

img_8740_2

 

久保田先生よりメッセージ

AEAJ資格対応インストラクタークラスを担当していて、残念に思うことがあります。それは、多くの生徒さんが、「精油の化学」に対して苦手意識を持たれたまま卒業なさること。

ぜひとも合格したい試験に備えて、「eneがつくのはテルペン、テルペンにはモノテルペンとセスキテルペンとジテルペンがあって、モノテルペンにはリモネンやピネンがあって、リモネンは柑橘系精油に入っているけれど、ブラックペッパーやミルラにも入っていて…」などと無理やり覚えていませんか?

晴れて試験に合格し、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターになったものの、「精油の化学」については丸暗記の辛さだけが残っている・・・それではもったいなさすぎです。

 

精油ともっと親しくなりましょうよ。

アロマテラピーを愛するみなさん、精油ともっと親しくなりましょうよ。好きな香りに出会う努力ももちろん大切。それを嗅いで楽しむのも親しくなる一法。トリートメントで心地よくなるもの一法。でも、それだけでは片手落ちです。

さらに親しくなるために、私たちを魅了する精油の正体を探っていくことも大切だからです。この「正体を探る」のに最適なのが、「精油の化学」を学ぶこと。だからこそ、AEAJのカリキュラムにおさめられているのですね。

とは言え、独学で学ぶのが難しいのが「精油の化学」でもあります。仲間と一緒にワイワイ楽しみつつ、化学好きになりましょう。もうすぐ開講の「精油の化学」。ご参加をお待ちしていますね。

 

もっとわかりやすく、そして役立つ精油の化学

  • 11月期金曜 全2回 11/18、12/2 10:00-15:00 第2教室
  • どなたでも受講していただけます。
  • 講師 久保田泉(「アロマテラピーの学校」講師、薬剤師)

クラスの内容

  • 「化学の基礎」のさらに基礎…インストラクター範囲の土台固め
  • 官能基と仲良くなる…重要な官能基は7つだけ!
  • 精油成分から精油を眺めてみると…役立つ作用や安全性が明らかになる!
  • 精油から精油成分を眺めてみると…精油の魅力を新たな視点からも伝えられる!

Facebook
2016-11-11 | Posted in アロマと精油, 精油の化学Comments Closed 

関連記事