gallery, テレビと資格とこわばりと

【1】「目を使わない」授業で何度も教わります。


tv01

こんにちは。マザーズオフィスです。
以前、受講生の方から、このような質問をいただきました。

「目を使わない」
この学校にいると、授業で何度も教わります。
安達先生からは、「テレビを捨ててしまった」というお話も聞きました。
実際に、テレビをご家庭に置いていない先生はどれくらいでしょうか。

と、いうことで、先生やスタッフに聞いてみました。

その結果、テレビがない、または、
ほとんど見る環境にない方は、7名でした。
もちろん、テレビを普通に見ている方もいらっしゃいますし、
こんな付き合い方をしている先生もいます。

「月経2日目と日曜日は『PCデトックスDay』と決めてます。
夜の9時以降はできるだけテレビやPCを使ってません。」
「リビングに置いてないので、ほとんど見ないです」
「見たいものだけ、録画して見てます。」
「ほとんど見ません。『○○トーーク』以外は(笑)」

で、マザーズオフィスが伝えたいのは、
『単にテレビが悪い!』ということではないのです。
それではあまりに短絡的すぎますよね。
テレビと視覚と身体について、
マザーズオフィス的に 考えてみましょう。
まずは、テレビを捨ててしまったという安達章子(あやこ)先生に伺いましょう。
安達先生、いかがでしょうか?

◇安達:
テレビをなくして、本当によかった。
人生で一番よい選択をしました。
でも本当は….

●司会
本当は?

>>続きを読む(その2へ)


Comment





Comment